働く女性のためのパープル・ユニオン

|サイトマップ|お問い合せ|

セクハラ労災行政訴訟報告集会6.29

セクハラ労災行政裁判報告会チラシ

画像をクリックするとチラシ(PDF)がダウンロードできます。

職場でセクハラ被害に遭い、精神障害を発病しても労災の壁は厚かった。

平成221月、日本で初めて「セクハラ労災不支給決定取消し訴訟」が提起された。

平成23年2月に精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会の元に「セクシュアルハラスメント事案にかかわる分科会」が設置され

同年12月、セクハラ労災の新たな認定基準が出された

しかし、職場のセクハラ被害の実態は、運用面にまでは届かなかった。

原告は、労災申請をしてから労災認定されるまでに4年間。安心して療養できる機会を奪われ、生活を維持するために短期間のアルバイトをせざるを得なかった。平成22年の行政訴訟で労災は認められたものの、短期間のアルバイトを行ったことで就労可能だと判断され、休業補償は一部のみ給付すると判断された。

労災認定がされない間、原告は、どのように命を繋げたら良かったのだろうか。労災の役割とは何か。

原告は、平成244月、「労働者災害補償保険不支給決定の変更決定取消し訴訟」を提起した。

なかなか理解されないセクハラ被害者の精神的後遺症と労災の運用のあり方を訴え続けた。

そして、平成27年3月6日、原告の訴えが認められ、請求した全期間の休業補償給付が決定。

画期的な勝利判決となった。

 セクハラ行政訴訟裁判チラシPDF

 

日時:2015年6月29日(月)18:30

場所:文京区立アカデミー文京 地下1階 学習室

   〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター

 https://goo.gl/maps/6sHcl

東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分

参加費:500円

<プログラム>

18:30~開会

18:35~原告からの報告

18:45~パネルディスカッション「セクハラ労災行政訴訟の意義と課題」

   パネリスト 戒能民江さん:お茶の水女子大学 名誉教授

         淺野高宏さん:弁護士(ユナイテッド・コモンズ法律事務所)

         佐藤  香 :セクハラ労災行政訴訟原告、

                パープル・ユニオン執行委員長

20:15~会場発言

20:45~閉会

 

<パネリストのご紹介>

戒能民江さん

お茶の水女子大学 名誉教授

専門:ジェンダー法学

厚生労働省「精神障害の労災認定基準専門検討会 セクハラ事案分科会」委員、厚生労働省「婦人保護事業等の課題検討会」座長、等多数

著書:『ドメスティック・バイオレンス』不磨書房2002年<山川菊栄賞受賞>、『フェミニズム法学』( 共著) 明石書店2004年、『危機をのりこえる女たち-DV法10年、支援の新地平へ』(編著)信山社2013年、等多数

 

淺野高宏さん

弁護士(ユナイテッド・コモンズ法律事務所)北海学園大学法学部准教授。

NPO法人・職場の権利教育ネットワーク理事。

著作:「就業規則の最低基準効と労働条件変更(賃金減額)の問題について」『経営と労働法務の理論と実務』、「労働時間の文書による適正管理」日本労働法学会誌110号、判例評釈「セントラル・パーク事件」季刊労働法220号、判例評釈「杉本商事事件」速報判例解説vol3、『変貌する労働時間法理』(法律文化社)(共著・編者)など。

 

About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2011 Purple Union